2014/6/1: 「わかる/わからない」とはどういうことか?

名古屋駅西 カフェぶーれ で開催予定の、「メタ哲学カフェ」シリーズ第三回です。

 

《開催前》

よろしければ、当日の対話で議論してみたい論点や質問してみたい疑問などの提案がありましたら、こちらにお書き込みください。(サンプルの文章を使った提案でも、そうでなくてもまったくかまいません。)匿名にして当日の配布資料にさせて頂いたり、進行の参考にさせて頂くかもしれません。

 

《開催後》

カフェの最中に言い足りなかったこと、言い損ねたこと、カフェが終わった後から思ったこと、など。もしありましたら、気楽にお書き込み下さい。

 

ポストするには「名前」記入が必須となっていますが、これは本名である必要はありません。

《ご案内》(ご参考まで)

哲学に限りませんが、抽象的な思想の説明の文章は門外漢には往々にしてひどく難解なものです。なぜなのでしょうか。そもそも、抽象的な説明が「わかる」とか「わからない」とか、そして「わかるようになる」とは、どういうことなのでしょうか。よろしければ「わかりやすい」文章や「わかりにくい」文章のサンプルをお持ちください。(必須ではありません。)それらも読みながら、みんなでこの問題について考えてみたいと思います。

コメント: 0

《履歴資料》

この2014年6月1日の企画は、開催直前くらいに一度当初の企画が変更されました。この企画変更以前のフォーラムへの投稿は、PDF資料にまとめさせていただきました。

2014/6/1:「わかる/わからない」とはどういうことか?(企画変更前)
Forum(2014-6-1_before).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB